気骨の判決2021/09/12

宝塚大学漫画分野の教授でもある、竹内一郎先生が主催されている「演劇集団ワンダーランド」による、第49回公演「気骨の判決」を、ラゾーナ川崎プラザソルにて観劇して参りました。
僕の立体作品をポスター、パンフレット等のビジュアルイメージに使っていただいたご縁からご招待頂き、デザインを担当された松吉太郎さんと一緒に、見に行ったのですが、実は川崎駅で降りるのは生まれて初めてであった気がします。
川崎と云うと、小学校の社会科見学での「工場地帯」というイメージが、自分の世代ではつい浮かんで来てしまいますが、時は移り、当たり前ですが駅から煙突は1本も見えず、駅前のラゾーナ川崎は海外のショッピングモールのような広大さで、大いに面食らいました。
劇の内容は太平洋戦時下において、権力や大政翼賛会等の圧力にも負けずに、法を順守した判決を下した実在の判事の物語です。空気を読むとか、説明不足とか、何かとなし崩し的な事が横行している現代に置いて、意義のある演劇だと感じました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック